MENU

close

キャッシュレス決済の現状

キャッシュレス決済の現状

日本でのキャッシュレス決済比率はわずか20%※1。背景として、盗難や偽札など現金を所有することへのリスクが低く、ATMなど現金を入手する環境が整備されていることなどが挙げられます。

 

一方で、世界で最もキャッシュレス化が進んでいると言われる中国では、約9億人がモバイルでのキャッシュレス決済を行っています※2。財布すら持っていないし、もう何年も現金を見ていない、という方も多くいます。

 

現金を持ち歩く煩わしさがなく、支払い・受け取り金額のミスを抑制し、かつ管理しやすいキャッシュレス決済に魅力を感じながらも、数多く存在するサービスの中から何を選べば良いか迷うという声も聞かれます。

 

政府は2027 年6月までにキャッシュレス決済比率を40%程度に倍増させることを掲げました※1

キャッシュレス決済の普及によって消費者の利便性を向上し、店舗運営を効率化することで消費を活性化し、かつ増え続ける訪日外国人が簡単に決済できるインフラ整備とサービス提供が急務となっています。

 

※1 経済産業省「キャッシュレスビジョン」

※2 Ipsos China調べ

JOIN US会員お申込み・お問い合わせ

九州キャッシュレス観光アイランド推進コンソーシアムでは、インバウンドビジネスに関わる皆様を会員としてお迎えし、キャッシュレス決済サービス導入促進のための情報や事例のご提供、および勉強会など開催する予定です。

加入をご希望の方は、下記「会員お申込み」フォームからご登録をお願いいたします。

また、コンソーシアムまたは、キャッシュレス決済のサービスについてのお問い合わせは下記「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。

PAGETOP